SEO業者に騙されたくない

ネットマーケティングで重要なSEO(検索エンジン最適化)。

重要であるが故、SEO業者も信じられないくらいたくさんいるし、詐欺的な被害も
多数でているみたいです。

新米ホームページ担当や新米ネット担当者は、最低限の知識をつけて、こういった
SEO業者に騙されないようにしましょうね。

新米ホームページ担当者はSEOっていっても、よくわからないと思うので、
簡単に説明をしておきます。

SEO(検索エンジン最適化)って何?

SEO(検索エンジン最適化)とは?

Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンの検索結果ページで上位に自らのホームページが表示されるように工夫することやそのための技術やサービスのことを言います。ホームページ制作会社がSEOサービスをやっている場合もあるし、専門でSEOをやっている業者も多数ある。

Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンは、登録されているホームページをキーワードとの関連性に応じて表示しているんですが、その際の表示順位はそれぞれの検索エンジン側が独自の方式(アルゴリズム)に則って決定しています。

この順位が上位にある方が検索エンジンユーザーの目に付き易いため、アクセスアップに繋がるということで、みなさん検索順位を上げるためにSEOを頑張るわけです。

SEO(検索エンジン最適化)の2つのやり方

SEO(検索エンジン対策)には、大きく分けて2つのやり方があると言われています。

それは、内部対策外部対策です。

簡単に言うと内部対策は、ホームページ内部の問題で、ホームページの内容(コンテンツ)を検索エンジン側へわかりやすく伝えるために、HTML構造やタグといわれるものを適切に記述することを言います。

どちらかというともう技術的な世界ですね。

一方、外部対策というのは、バックリンクつまりは、被リンクの獲得ですね。

バックリンクや被リンクというのは、外部のニュースサイトやブログなどから自らのサイトにリンクが貼られることです。リンクが貼られるということは、まぁ良い面も悪い面も考えられるのですが、基本的には良い面と考えられますよね。

それは、自らのホームページが他の人から紹介されているということで、検索エンジンにプラスとして評価される仕組みです。

つまりバックリンク(被リンク)を多く獲得すれば、SEO(検索エンジン最適化)に繋がるというわけですね。

まず、この2つのやり方があることはしっかり押さえておきましょう!

外部のSEO業者はどのような対策をするか

そして外部のSEO業者は、どのようなことをしてお金を稼いでいるかというと、その多くは外部対策、つまりバックリンク(被リンク)を集めて、上位表示をしようとしてるのです。

もちろんすべてのSEO業者がそうではありませんが、検索エンジンに引っ掛かってくる多くのSEO業者はバックリンクの獲得をしています。

個人的にはこのバックリンクの獲得がとても怪しいと思いますよね。

本来、バックリンクが得られるということは、他のサイトから推薦されるということですから、自ら操作をすること自体が矛盾しているんですよね。まさに自作自演というやつです。

この自作自演にお金を払って、上位に表示されることがおかしい!

現実的な話として、このバックリンクはまだまだSEOに効くみたいですが、その質やタイミングなどは厳しくなってきているようです。自らのホームページと全く関係のないホームページからのバックリンクや一度に大量のバックリンクが貼られるなど、まっとうなバックリンクとは到底思えないものですね。

また、自作自演のバックリンクをやりすぎるとGoogleからペナルティーを食らうということも出てきています。

ぺネルティーというのは、検索エンジンの順位が大幅に下がったり、表示すらされなくなったりということのようです。

小さい会社だからといってペナルティを受けないという保証は全くありません。
(といっても、実際ペナルティーを受けないとわからない人も多いと思いますが・・・)
個人の趣味ブログやホームページとかなら、ペナルティーを受けて検索結果に出なくなってもいいですけどね。企業だとちょっと考え物ですね。

もし、SEOを外部委託する場合は、どのような施策をするのか?必ず確認しておきましょうね。
その答えを教えてくれなかったり、あいまいだったりした場合は、
の業者は辞めたほうがいいと思います。

自己責任が多くなるこの世の中、SEO業者に騙されないように自らの知識も高める必要がありそうです。

今日はここまでです。

チャオ!



シェアする

フォローする