SEOとリスティング広告についての雑感

SEOとリスティング広告のどちらが効果的か?ホームページ担当者であれば一度は考えることですよね?
最終的には両方大事!となるわけですが、それぞれの役割などについて書かせていただきます。

今日はそんなお話です。

SEOとリスティング広告

ちなみにSEOとは「検索エンジン最適化」という意味で、狙ったキーワードでGoogle やYahoo! といった検索エンジンの検索結果の上位に自社ホームページを表示をさせること。

対してリスティング広告とは、検索結果画面の広告スペース部分にテキスト広告を表示して自社のホームページにお客を引き込む広告です。

リスティング広告にはディスプレイ広告というブログや他のホームページにイメージ広告を出す方法もあるのですが、ここでは検索連動型広告としておきます。

ホームページリニューアル前後で考えてみる

まぁ色々と状況が違うと思うので、すでにホームページを公開している時とこれからリニューアルする時に分けて考えてみますね。

ホームページをすでに公開している時は、間違いなくリスティング広告をするべきですね。

もちろんSEOが必要ないというわけではありません。

SEOはむちゃむちゃ大事ですよ〜

というか、SEOなしにホームページ運営は考えられませんね。

では、SEOではなくリスティング広告か?

それは、ホームページを公開した時点ですでにSEOについては考え終わっているからです。

ホームページを公開してから、SEOを考えるなんて、もう自殺行為な訳です。

いまどきのSEO

最近はどこもかしこもSEOはコンテンツと言われていますが、別に今に始まった訳でもありませんよね。

検索エンジンまわりはGoogleさんが牛耳っている訳ですが、Googleさんの取り締まりが厳しくなってきて、裏技的なSEOが通用しなくなってきただけのことです。

ここ最近、ディレクトリサービスが中止になったり、SEO会社が吸収合併されたり、コンテンツマーケティング会社へ転身したりしているのはその影響ではないでしょうか。

つまり、コンテンツを充実させることなしに、検索エンジンからのアクセスを増やすことは難しくなったと言えるのだと思います。

SEOはホームページの設計段階で折り込んでおく

SEOはホームページを公開してしまったら、もうあまりやることはありません。

コンテンツを充実させていくのみです。

SEO会社にお願いして、○○○というキーワードを上位表示させてください!なんて言っても、たちの悪いリンクをつけられてペナルティを食らうだけです。

SEOはホームページ構造を設計する時に、しっかりとターゲットキーワードが検索エンジンに引っ掛かるように考えておかなけばいけませんよ。

トップページはこのキーワード、製品ページはこのキーワードみたいに、事前にページごとにキーワードを調査して決めておきます。

これをほとんどの会社はやっておらず、ただ載せたいコンテンツを並べているだけなんですね。

これでは全く検索には引っ掛かりません。

ブランドキーワードで検索してくれる人を待つのみです。

ホームページ公開後のリスティング広告のやり方

公開したホームページに対して、リスティング広告をやっても良いのですが、より効果を出すためには専用のランディングページを作ったほうがいいですね。

ランディングページはリスティング広告専用のWeb上のチラシのようなものです。

より購入に近いキーワードに絞って、専用のランディングページを作り、コンバージョンを獲得していきます。

リスティング広告のメリットは、何と言ってもキーワードをたくさん狙えることです。

そして、広告費を払って上位に表示することが出来ればすぐにアクセスを集めることができます。

この特長を利用してPDCAを回していきましょう。

まとめ

グダグダした内容になってしまいましたが、結論としてはSEOはホームページを作る時にしっかり折り込んでおくこと。

ホームページ公開後にリスティング広告をするのであれば、ランディングページを作って費用対効果を高めること。

ということになります。

今日はここまでです。

チャオ!



シェアする

フォローする