iPhoneのデータ通信量はアプリによって違うので注意!

月末になるとiPhoneのデータ通信量が気になってきますよね。今月は7.00GB制限大丈夫かなと。しかし、アプリによってデータ通信量に違いがあることがわかりました。

今日はそんなお話です。

愛用していた通信量チェッカー

以前のエントリーでも書きましたが、遡ること3ヶ月前にiPhoneのデータ通信量が7.00GBを超えてしまい、愛用していたアプリが通信量チェッカーでした。

通信量チェッカー

(2014.08.12時点)
posted with ポチレバ

まぁそれでも7.00GBは超えてしまったんですけど、先月はギリギリ大丈夫でした!

今月もそろそろヤバイかなとチェックをしてみるとこんな感じ。

おっ。

全然余裕じゃん。

安心してました。

たまたまauお客様サポートを起動したら・・・

本当にたまたまなんですけど、とあるオプションを解約しようと思って、auお客様サポートのアプリを起動したんです。

auお客さまサポート

無料
(2014.10.24時点)
posted with ポチレバ

このアプリは確か、最初から入ってたと思います。

アプリを開いたらトップにデータ通信量の確認があったので、とりあえず見ておくかと、見てみました。

ここですね。

クリックすると

あれ?

5.67GBですか?

通信量チェッカーとだいぶ違うぞ〜

通信料チェッカーはこまめに起動

と、結構数字が違っていて焦りましたよ。。

ネットで調べてみると、通信料チェッカーはこまめに起動してデータをチェックしないと、精度が微妙らしいです。

なるほど〜

思えば、最初の頃は、月々のデータ通信料を気にしていたんでiPhoneのトップ画面に置いて、よく立ち上げていたんですよね。

2ヶ月位したら、ランチャーへ移動してあんまり立ち上げてなかったなぁと。

教訓

こんな感じで、まんまと罠に引っかかった訳ですが、結局はそんなにアプリを立ち上げないので、auお客様サポートアプリを使うことにします。

auお客さまサポート

無料
(2014.10.24時点)
posted with ポチレバ

月の半ばあたりに1回チェックして、使用料を調整しよう。

マメにアプリを立ち上げられる方は、通信料チェッカーがシンプルでオススメですよ。

今日はここまでです。

チャオ!



シェアする

フォローする