WordPressにGoogleタグマネージャーを設置する方法

にわかに注目されているGoogleタグマネージャーをこのブログにも導入してみました。WordPressではしっかりとGoogleタグマネージャーのプラグインが用意されていますので設置は簡単です。

今日はそんなお話です。

事前準備

WordPressにGoogleタグマネージャーを設置する前にいくつか準備をしておく必要があります。

  • Googleタグマネージャーのアカウントを作る
  • Googleタグマネージャーでコンテナを作る
  • Googleタグマネージャーでコードを取得する

この3つを用意しておけば、とりあえずはOKです。

では、ひとつづつ手順を見ていきましょう。

Googleタグマネージャーのアカウントを作る

まず、Googleタグマネージャーのアカウントを作ります。

Googleタグマネージャーを設置しようと考えている方はすでにGoogleアナリティクスは入れていると思いますので、Googleアカウントは作ってあるでしょう。

Googleアナリティクスと同じアカウントでGoogleタグマネージャーのアカウントを開設すれば問題ありません。

私もそうしました。

しかし、セキュリティーを考えると独自のアカウントにしておく方が安全かも、と後から思いました。

同じにするにしても、二段階認証は設定しておくべきでしょう。

アカウントの作成

Googleタグマネージャーに登録

Googleタグマネージャー公式サイトにアクセスし、「今すぐ登録」をクリックします。

Googleタグマネージャーのアカウント名

アカウント名は好きな名前を付けて下さい。

Googleタグマネージャーでコンテナを作る

コンテナ?

はい、よくわからない言葉が出てきましたね。

コンテナは、Googleアナリティクスで言うところのブロパティみたいな感じです。

ですから、基本的にはホームページ(ドメイン)ごとにコンテナは作っていくことになります。

コンテナごとにコードが発行されるので、ブロパティと考え方は近いのではないでしょうか。

コンテナの作成

コンテナを作る

コンテナ名は、ホームページ名とかで。順に入力していきます。

Googleタグマネージャーでコードを取得する

コンテナができたら、WordPressのホームページに貼り付けるコードを取得しましょう。

プラグインを使う場合は、コードを直接使用しませんが、コードの中に、「GTM-●●●●●●」という文字列があると思います。

これをコピーしておきます。これがGoogleタグマネージャーのIDとなります。

Googleタグマネージャーのコードを取得

これで事前準備は終了です。

ひとまず「後でタグを追加をクリック」しておきます。

Googleタグマネージャーのプラグインをインストール

WordPressの管理画面からGoogleタグマネージャーのプラグイン「Google tag manager」をインストールしましょう。

Google tag managerプラグイン

インストールができたら有効化してください。

次は、サイドメニューの一般をクリックして、スクロールするとGoogleタグマネージャーのIDを入力する項目が出てきます。

GoogleタグマネージャーのIDを入力

ここに先ほどのコードの中にあったGoogleタグマネージャーのIDを入力します。「GTM-●●●●●●」というやつですね。

保存して、Googleタグマネージャーの設置は終了です。

ソースで確認してみると、<body>タグの後ろの方にGoogleタグマネージャーのコードが入っていることがわかります。

Googleタグマネージャーの公式サイトでは、コードは<body>タグの直後ということになっていますが、特に問題は起きていません。

気になる方は、プラグインを使わずに直接<body>タグの直後に貼り付けてください。

まとめ

プラグインを使えば、簡単にGoogleタグマネージャーを設置することができました。

しかし、問題はここからですね。

GoogleアナリティクスのタグなどをGoogleタグマネージャー側で設定していかなければいけません。

次回は、GoogleタグマネージャーでGoogleアナリティクスを設定する方法をメモしたいと思います。

#Googleタグマネージャーはこの書籍で勉強してます。ネットにも情報が少なかったんで助かりますね。

今日はここまでです。

チャオ!



シェアする

フォローする