Googleタグマネージャーでユニバーサルアナリティクスを設定する方法

Googleタグマネージャーを設置したら最初にユニバーサルアナリティクスを設定しますよね。本日はGoogleタグマネージャーでユニバーサルアナリティクスを設定する方法をメモしたいと思います。

今日はそんなお話です。

全体の流れ

  1. アカウントとコンテナの作成
  2. コードの取得
  3. タグとルールの作成
  4. バージョンの作成・プレビューと公開

ざっとこのような流れになります。

①と②については、こちらのエントリーで書いています。
WordPressにGoogleタグマネージャーを設置する方法

このエントリーでは、③と④の手順をまとめます。

では。

③タグとルールの作成

③-1.タグの作成

最初は、タグの作成です。

タグとは、ページ上で実行される HTML コードのことです。「Googleアナリティクス」とか「Adwords コンバージョン トラッキング」とかですね。

Googleタグマネージャーにログインし、コンテナを選択します。

[新規作成]→[タグ]をクリックします。

タグの作成

タグ名とタグの種類を選択します。

タグ名とタグの種類を選択

  • タグ名:ユニバーサルアナリティクスとかUAとか
  • タグの種類:Googleアナリティクス>ユニバーサルアナリティクス

入力項目が増えますので、順に入力します。

トラッキングIDとトラッキングタイプを選択

  • トラッキングID:ユニバーサルアナリティクスのトラッキングコード内にあるUAから始まる10桁の数字です。
  • ディスプレイ広告向け機能を有効にする:使っている人はチェックを。意味が分からない人はノーチェックで。
  • トラッキングタイプ:ページビュー

続いて、配信ルールを作成します。

③-2.配信ルールを作成

配信のルールは、タグを動かす条件を決めます。基本的にタグと配信ルールはセットで作成します。

画面右上の「配信のルール」の横にある[+追加]をクリック。

配信のルールを作成

「すべてのページ」にチェックを入れて、保存します。

配信のルール、すべてのページ

これで配信のルールができました。

タグの作成画面に戻るので保存をします。

これでタグと配信のルールが作成できました。

④バージョンの作成・プレビューと公開

④-1.バージョンの作成

続いてバージョンの作成です。

バージョンというのは、コンテナの現在の状態を保存することです。バージョンを作成すると失敗したときに以前の状態に戻すことができます。

画面右上の[バージョンの作成]をクリックします。

バージョンの作成

④-2.プレビューで確認

プレビューはタグの公開後に予期せぬ問題が発生しないよう、公開前にタグをテストできます。

画面右上の[プレビュー]をクリックし、[デバック]をクリックします。

プレビューとデバック

URLをクリックします。

URLドメイン

ここで、「ユニバーサルアナリティクス」が表示されていたら問題ないので、プレビューを終了します。

プレビューの確認

④-3.公開

最後に、画面右上の[公開]をクリックして終了です。

公開

もう1回公開

Googleタグマネージャーで設定後は、Googleアナリティクスの画面からしっかりトラッキングができているか確認してみてくださいね。

まとめ

これでユニバーサルアナリティクスの設定はできました。ここまでは比較的簡単に設定できました。次回はイベントトラッキングとかの設定に挑戦したいと思います。できるのでしょうか?

#Googleタグマネージャーをやるならこれしかない!

今日はここまでです。

チャオ!



シェアする

フォローする