Googleタグマネージャーでイベントトラッキングを設定する方法(外部リンク編)

Googleタグマネージャーでイベントトラッキングを設定する方法(外部リンク編)

前回のエントリーの予告通り、Googleタグマネージャーでイベントトラッキングを設定してみました。本日は外部リンク編をメモしたいと思います。先に言っちゃいますが、これは最初に設定しておくと、とても便利かもしれません。

今日はそんなお話です。

イベントトラッキングはめんどくさい

正直な話、Googleタグマネージャーを入れようと思った動機の一つがこのイベントトラッキングです。

ユニバーサルアナリティクスや従来のGAでイベントトラッキングを設定しようと思うとかなり面倒臭いんですよね。

イベントを計測したいすべてのリンク先にコードを仕込まなくてはいけないわけです。

人が大量な作業をやれば必ずミスは起きますし、やる気になりませんでした。

Googleタグマネージャーならば簡単

Googleタグマネージャーでは、リンクごとに作業をする必要はなく、1回設定すればOKです。

後は自動的にイベントを取得してくれます。

大量のリンクでも自動で取得してくれるので簡単ですし、人が作業するよりも限りなくミスは少ないでしょう。

今はイベントのデータは必要ないかもしれませんが、必要な時にデータがあると助かるんですよね。

では、設定方法に参ります。

全体の流れ

全体の作業の流れは、ざっとこんな感じです。

①.リンククリックリスナーのタグを作成
②.外部リンクのルールを作成
③.外部リンクのタグを作成
④.バージョンの作成・プレビューと公開

では、ひとつずつ手順を見ていきましょう。

①.リンククリックリスナーのタグを作成

まず、タグの新規作成をします。

  • タグ名:リンククリックリスナーとか。
  • タグの種類:イベントリスナー>リンククリックリスナー
  • 配信のルール:すべてのページを選択します。

タグの種類の横の文章を見ると、このように書かれています。

このタグが配信されると、Google タグマネージャはページでのリンク クリックのリスニングを開始します。リンクがクリックされた場合、Google タグマネージャのイベント gtm.linkClick が生成されます。{{event}} 等しい gtm.linkClick を使用して、ルールの条件でこのイベントを確認することができます。

つまり、すべてのページでリンクがクリックされたときにGoogle タグマネージャのイベント gtm.linkClick が生成されます。

②.外部リンクのルールを作成

続いて、外部リンクのルールを作成します。
「ルール」のタブから赤い「新規作成」に進みます。

  • ルール名:外部リンクのクリックとか
  • 条件:以下のように入力
    • {{event}} 等しい gtm.linkClick
    • {{element url}} 前方が一致 http
    • {{element url} 含まない shinmai-web.com※

※最後は自分のドメインにします。

保存します。

③.外部リンクのタグを作成

次に外部リンクのタグを作成します。

  • タグ名:UA_外部リンクとか。
  • タグの種類:Googleアナリティクス>ユニバーサルアナリティクス
  • トラッキングID:ユニバーサルアナリティクスのトラッキングコード内にあるUAから始まる10桁の数字です。
  • ディスプレイ広告向け機能を有効にする:使っている人はチェックを。意味が分からない人はノーチェックで。
  • トラッキングタイプ:イベント
  • イベントトラッキングのパラメータ
    • カテゴリ:Outbound
    • 操作:{{url}}
    • ラベル:{{element url}}
    • 値:任意で入力。私は空欄にしました。
    • 非インタラクションヒット:True
  • 配信のルール:外部リンクのクリックを選択します。

これで、タグとルールが紐付きました。

④.バージョンの作成・プレビューと公開

最後にバージョンの作成・プレビューと公開をします。

④-1.バージョンの作成

バージョンというのは、コンテナの現在の状態を保存することです。バージョンを作成すると失敗したときに以前の状態に戻すことができます。

画面右上の[バージョンの作成]をクリックします。

バージョンの作成

④-2.プレビューで確認

プレビューはタグの公開後に予期せぬ問題が発生しないよう、公開前にタグをテストできます。

画面右上の[プレビュー]をクリックし、[デバック]をクリックします。

プレビューとデバック

URLをクリックします。

URLドメイン

ここで、「リンククリックリスナー」と「UA_外部リンク」が表示されていたら問題ないので、プレビューを終了します。

プレビューで確認

④-3.公開

最後に、画面右上の[公開]をクリックして終了です。

公開

Googleアナリティクスでイベントを確認

イベントトラッキングの設定ができたら、翌日にでもGoogleアナリティクスで確認しましょう。(イベントトラッキングは反映に少し時間が掛かるようです。)

Googleアナリティクスの行動>イベント>サマリーあたりが良いのではないでしょうか。

イベントカテゴリ

おおー!

「Outbound」が取れていますね!これがイベントカテゴリですね。

続いてイベントアクションをクリックしてみます。

イベントアクション

イベントアクションはクリックされたページとなります。

続いて、イベントラベルを。

イベントラベル

イベントラベルは外部のリンク先です。

すべての外部リンクのクリックが取れてました!感激です!

まとめ

何とか外部リンクのイベントは設定できました。これはすごいですね。Googleアナリティクスの導入の時よりは数段難しいですが、何とかなりました。次回はPDFクリックのイベントトラッキングをメモします。

#貴重なGoogleタグマネージャーの本、ポチりました。

今日はここまでです。

チャオ!



シェアする

フォローする