Twitterのミュート機能を使ったら、タイムラインが綺麗になって情報収集がはかどります

Twitterのミュート機能を使ったら、タイムラインが綺麗になって情報収集がはかどります
Twitterのミュート機能って知ってますか?2014年5月から使えるようになった機能のようなんですが、わたくし最近知りましたよ。で、ミュート機能を使ったらタイムライン邪魔なツイートがなくなって、情報収集がはかどりましたんでご紹介します。

今日はそんなお話です。

ミュート機能とは?

ミュート機能とは、特定の人からのツイートを見えなくすることで、自分のタイムライン上のコンテンツをコントロールすることができる機能です。

今思えば、これはTwitter始めた時から思ってたこと。

今まではブロックしかなかったんですよね。

ブロックとの違い

ミュート機能の良いところは、ブロックと違って相手の人にはミュートしたことはわからないということ。

フォロワーが増えてくるとどんどんタイムラインが汚れてきて、見逃したくない人のツイートが埋もれてしまうことがよくありました。

特定の人のツイートを見逃さない方法としては、リストという機能もあります。

ただこれ、めんどくさいんですよね。

しかも、リストに入れたことが相手に通知されるし。

恥ずかしいですw

ミュート機能のやり方

ウェブでTwitterユーザーをミュートにするには

ツイートからミュートにする場合

  1. ミュートにするユーザーからのツイート下部にある [その他] をクリック
  2. [ミュート] をクリック

プロフィールからミュートにする場合

  1. ミュートにするユーザーのプロフィールページに移動
  2. プロフィールページで設定アイコンをクリック。ドロップダウンのアクションメニューが表示される
  3. オプションのリストから [ミュート] を選択

iOSでTwitterユーザーをミュートにするには

ツイートからミュートにする場合

  1. ミュートにするユーザーからのツイートをタップ
  2. •••アイコンをタップ
  3. [ミュート] に続いて [はい] をタップして確定

プロフィールからミュートにする場合

  1. ミュートにするユーザーのプロフィールページにアクセス
  2. 設定アイコンをタップ
  3. [ミュート] に続いて [はい] をタップして確定

詳しくは、ヘルプページをご覧ください。

まとめ

ミュート機能最高です。どんどんミュートしています(ごめんなさいm(__)m)。おかげでタイムラインがかなりスッキリしてきましたよ。最近は巧妙なスパムアカウントが多いんで助かっております。これでTwitterカードで恥ずかしい画像が出ることもないんで安心です!

今日はここまでです。

チャオ!



シェアする

フォローする