新型シエンタのオプションは何をつける?

新型シエンタ
7月9日にトヨタから新型シエンタが発売されましたね。12年ぶりのフルモデルチェンジで、ハイブリッドモデルも加わり大注目です。わたくし購入を検討中でして色々と調べております。前回の記事ではグレードやボディカラーなどを考えました。今日はオプションについて考えてみます。

今日はそんなお話です。

良さそうなオプション

個人的に良さそうなオプションをあげてみます。

Toyota Safety Sense C(衝突回避支援パッケージ)

Gグレードだと+54,000円、X・“Vパッケージ”だと+91,800円です。

基本的にはこんな機能です。

衝突の回避や衝突時の被害軽減をサポート

プリクラッシュセーフティシステム(レーザーレーダー+単眼カメラ方式)

プリクラッシュセーフティシステム

車線逸脱をおしらせ

レーンディパーチャーアラート

レーンディパーチャーアラート

夜間の歩行者などの早期発見に貢献

オートマチックハイビーム

オートマチックハイビーム

これは安全第一だし、トヨタもイチオシなので入れておこうかな。
Gグレードだとそんなに高くないしね。

最新のテクノロジーは入れておかないと後悔しそうです。

スマートエントリーパッケージ

スマートエントリーパッケージ

  • スマートエントリー(運転席・助手席・バックドア*2/アンサーバック機能付/スマートキー2本)&プッシュスタートシステム
  • 盗難防止システム(イモビライザーシステム)

X・“Vパッケージ”だと+46,440円です。

Gグレードは標準装備だから問題なし!

で、本当にGグレードでいいのか?

ナビレディパッケージ

ナビレディパッケージ

  • バックカメラ
  • ステアリングスイッチ(オーディオ操作)

メーカー希望小売価格 29,160円

バックライトはあれば便利とよく聞きますね。

ステアリングスイッチは便利だから欲しいな〜

LEDランプパッケージ

LEDランプパッケージ

  • Bi-Beam LEDヘッドランプ[ハイ・ロービーム](オートレベリング機能付+LEDクリアランスランプ)
  • フロントフォグランプ(ハロゲン)
  • リヤコンビネーションランプ(LEDランプパッケージ専用)
  • コンライト(ライト自動点灯+消灯システム)

メーカー希望小売価格 105,840円

結構高いね。これはやめるかな。

基本オプション

続いて基本オプション。

フロアマット

フロアマット

  • デラックスタイプ:41,040円(1台分)
  • ベーシックタイプ:31,320円(1台分)

1万差くらいなら、デラックスタイプにしたくなっちゃうよ~

サイドバイザー(RVワイド)

サイドバイザー(RVワイド)

1台分 27,000円

これはないとね。雨の時窓開けられないよ。

ナビ・オーディオー・ETC

お金が掛かるナビです。

T-Connectナビ(トヨタ純正ナビ)

T-Connectナビ(トヨタ純正ナビ)

  • NSZN-W64:173,340円
  • NSZN-W64T ナビレディパッケージ付車:174,420円

ナビは純正か社外かという選択肢がありますね。

色々と調べているので詳しくは別記事で。

後席ディスプレイ

後席ディスプレイ

11型後席ディスプレイ V11T-R62C:102,600円

密かに憧れてます。子供がいると付けたいよね。

ETC車載器

ETC車載器

ETC車載器 ビルトインタイプ(ボイスタイプ) ナビ連動タイプ:17,388円

これも必須。ETC使ったことないけど。

以上!

追記:新型シエンタ納車されました。アルパインのナビと後席モニター(リアビジョン)もいい感じです

まとめ

オプションで結構金額が変わるんですよね。全部入れたいけど予算オーバーかも。

後から付けられるのは、ディーラーオプションでなくてもいいんですけど、面倒くさくて絶対やらなそうです。ナビをどうするか?が迷うところです。

今日はここまでです。

チャオ!

少しでも維持費を安くしたいという方へ

自動車保険を安くできるインズウェブの一括見積もりサービスがおすすめです。

一括見積もりサービスはしつこい電話がくるイメージがあるのですが、自動車保険はメールとDMがメインなので安心です。




シェアする

フォローする