IIJmioの「クーポンスイッチ」と「初速バースト転送」が便利すぎて、IIJmioが人気なのも頷けた話

IIJmioの「クーポンスイッチ」と「初速バースト転送」が便利すぎて、IIJmioが人気なのも頷けた話

わたくし、Xperia J1 compact に IIJmio のSIMを挿して使っています。いや使い始めたばかりです。IIJmio を実際に使ってみて「クーポンスイッチ」と「初速バースト転送」がかなり便利でたまらなかったのでご紹介したいと思います。

今日はそんなお話です。

クーポンスイッチとは?

まずはクーポンスイッチから。

クーポンスイッチというのは、MVNOのデータ通信で高速通信を自分で切り替えられる機能のことです。

これ、最初は意味がよくわからなかったんですよね。

そんな人もいるんじゃないですかね。

IIJmioのデータ通信は高速と低速の2つが用意してあるんです。

高速時は、下り最大225Mbps、上り最大50Mbps。
低速時は、最大200kbps(0.2Mbps)

3GBが900円!

とか言ってる3GBというのは高速時の話です。
3GBのデータ量のことをIIJmioはクーポンと呼んでいます。

通信速度が下り最大225Mbpsと速いためにクーポンを消費します。

一方、低速は速度が最大200kbps(0.2Mbps)と遅いので、クーポンを消費しません。

だから、

クーポンON=高速
クーポンOFF=低速

ということ。

必要に応じてこの高速と低速の切り替えをうまく使えば3GBでも1ヵ月使えるんじゃないかと。

Twitterやメール、LINEとかテキストが中心の時は低速(クーポンOFF)でWeb閲覧や画像とか動画とかの時は高速(クーポンON)にするみたいな感じです。

切り換えは簡単で「IIJmioクーポンスイッチ」アプリひとつでできちゃいます。

とっても楽。

わたしは普段はずっと低速(クーポンOFF)で必要な時だけ高速(クーポンON)にしてます。

もう、これ最高!

ただし、低速(クーポンOFF)には通信制限がありまして、「3日あたり366MB」を超えるとかなり遅くなる模様。

けど1週間程使った感じでは、かなり使わないと3日で366MBにはなりませんね。

「IIJmioクーポンスイッチ」アプリから過去4日間のデータ通信量(ONとOFF両方)がわかるので、調整することができるのは便利ですね。

わたしauの時は1ヵ月で’7GB超えることもありましたけど、今ならたぶん3GBでもいけそうな気がします。

初速バースト転送とは?

次は、初速バースト転送です。

これがあるから低速が使えるんですね。

初速バースト転送というのは、低速状態(クーポンOFF)でもはじめの一定量だけ高速通信してくれる機能のことです。

初速バースト転送

IIJmioの場合、最初だけ225Mbpsで高速通信してくれるので、テキスト中心ならけっこう読みこめちゃう。

さすがに画像とかあると全部は無理だけど、文字情報はかなりいけます。

初速バースト転送がないと低速はホントに使い物になりませんよ。

逆に初速バースト転送があるから低速でもそこそこ使えて、クーポンスイッチが便利なわけですね。

よく考えたな~

まとめ

「クーポンスイッチ」と「初速バースト転送」はいくつかのMVNOでは組み込まれてる機能です。わたしはもうこの2つの機能がないMVNOはちょっと敬遠しちゃうかも。

MVNOを選ぶ基準はいくつかありますが、「クーポンスイッチ」と「初速バースト転送」も便利ですよ。IIJmioは評判通りおすすめですね。

▼IIJmioはこちらから

今日はここまでです。

チャオ!



シェアする

フォローする