モバイルWebページを高速化するAMPにWordPressのプラグインを使って対応してみたよ

モバイル端末でのウェブページの表示を高速化するためのプロジェクトである「Accelerated Mobile Pages」(AMP)ですが、みなさんご存知でしょうか?

AMPはアンプと呼ぶみたいですよ。昨年末あたりからちょくちょく情報が入ってきておりまして、個人的に気になっていました。

今日はそんなお話です。

AMPとは?

AMP(Accelerated Mobile Pages)とはモバイル端末でのWebページの表示を高速化することを目的に作られたプロジェクトです。

GoogleやTwitter、WordPress、メディアサイトなどが参加しているようです。

AMPではAMP HTMLというフレームワークを公開していて、AMP HTMLの仕様にそってページを作れば高速化されるという訳です。

WordPressのプラグインを入れてみた

AMPプロジェクトにはWordPressも参加しており、WordPressでは無料でプラグインが公開されています。

WordPressのプラグインを入れてみた

ものは試しで、わたしのサイトにも導入してみました。

プラグインをインストール、有効化します。

一般>パーマリンク設定で「変更を保存」をポチッとすればOKとのこと。

AMPに対応したページは、URLの最後に[/amp]を付ければ見れます。

見た目はWordPress.comのブログみたいな感じでした。

無駄な要素がなくなってとってもシンプルです。

AdSenseなどの広告もなくなっていました。

Google Analytics はちゃんと計測できるんでしょうか?

URLが2つになるので解析は面倒かも。

Googleは2016年2月にAMP HTMLによって作成されたページを検索に含めるとも言われているので、今後の動向に要注目ですね。

まとめ

注目はAMP対応のページがランキングで優遇されるか?ということでしょう。AMP対応のページには「fast」というラベルがつくのでは?という噂も出ています。

わたしにしては珍しく早めに対応したので、実験をしてみたいと思います。

今日はここまでです。

チャオ!



シェアする

フォローする