CABINZERO(キャビンゼロ)のバックパック36Lが普段使いにちょうどよい!

CABINZERO(キャビンゼロ)のバックパック36Lが普段使いにちょうどよい!

CABIN ZERO(キャビンゼロ)から36Lの新サイズがでたので購入しました。44Lはちょっとでかすぎでしたし、28Lはちょっと小さすぎでしたので38Lはちょうどよいです。

今日はそんなお話です。

CABIN ZERO(キャビンゼロ)とは?

CABIN ZERO(キャビンゼロ)はイギリス発のバックパックブランドで、圧倒的な軽さと優れた収納力を持つバッグブランドです。そしてちょっと面白いのは、グローバルな遺失物取扱いサービス”OKOBAN”システムも備えています。

こんなイギリスのバックパックが1万円以下で手に入っちゃうので人気が出るのも納得です。
(けど、まだ街中ではあんまり見ませんねw ひょっとして人気ない?)

今までは44Lと28Lの2サイズ展開でしたが、あたらしく36Lサイズが出ていましたので、これは普段使いできるな~ということで購入しました。

CABIN ZEROの特長

  • 機内の持ち込みにぴったり収まるサイズ感 ← 44Lの話
  • 大容量ながら、重量わずか710gを実現 ← 44Lの話
  • 遺失物取扱いサービス”OKOBAN”システムを搭載

ということなので、主に旅行者向けのバッグとなっております。

OKOBANとは?

OKOBANは、インターネット専用の「遺失物拾得連絡」を目的とした無料のサービスである。OKOBANの対象製品を購入し、製品に登録されている個別認識コード(UID)をOKOBANのサイトで登録するだけで簡単に誰でも使うことができる。UIDコードはTRAVEL SENTRYがランダムに生成し、約10億通りの組み合わせがあり、TRAVEL SENTRYのサーバー上で管理されている。
ロストバゲージなどの際に、もし拾得者がOKOBANのホームページで、製品に取り付けられているUIDコードを入力すると、OKOBANのホームページを介して、事前に登録している所有者にEメールで連絡が来る、という活気的なシステムである。
引用:https://store.arukikata.co.jp/contents/okoban.html

まさか、「交番=KOBAN」から名づけられたとはw

CABIN ZEROはイギリスの航空会社も後押しをしているようで、このような良心的な価格になっているようですね。

CABIN ZERO 36L の詳細

サイズ W290×H450×D190mm
重さ 700g
素材 ポリエステル
仕様 外装:ジップポケット×1 内装:メッシュポケット×1,ジップポケット×1,オープンポケット×1

ディテールを紹介!

▼ロゴもシンプルで好きです。

CABIN ZERO ロゴ

▼バックパックですが、持ち手は横にも付いています。ちょこっと持つときに便利。

バックパックですが、持ち手は横にも付いています。

▼【外側】ジップポケットは結構大きい。

【外側】ジップポケットは結構大きい。

▼鞄を開けると、収納力抜群です。

鞄を開けると、収納力抜群です。

▼【内側】メッシュジップポケットとジップポケットが2つ。

【内側】メッシュジップポケットとジップポケットが2つ。

▼13インチのChromebookがすっぽり入るオープンポケット。背中と接する部分にはクッションが入っています。

13インチのChromebookがすっぽり入るオープンポケット

▼マチの部分は調整できる

マチの部分は調整できる

▼そして売りの”OKOBAN”システム

そして売りの"OKOBAN"システム

1ヶ月ほど使ってみての感想

黒のバックパックはほしかったので、毎日通勤に使ってます。

週に1~2回ほど会社帰りにジムに行くんですが、その荷物(靴と着替え)を入れても十分の容量です。

1ヶ月ほど使ってみてデザインもいいし、使い心地も悪くないので満足しています。

街中でもCABIN ZEROを持っている人はほとんど見かけないので、その点もいいですね。

ノースフェイスとかはかなりの確率で被りますからね。

細かいこというと、ファスナーがちょっと開けにくいので、これ買いました。

これで外に3つ、中に2つのすべてに付けられます。

これは、すごく開けやすくなるのでおすすめ。

あとは、パソコンだけ入れて中身がスカスカの時に自立しないんですよね。

だから、縦型のバッグインバッグを買う予定です。

これかな。

これで、長く使えそうです♪

今日はここまでです。

チャオ!



シェアする

フォローする