Google AdWordsで新米ホームページ担当が広告を表示させるためにするべきこと

以前に、「Google Adwordsを始めてみたけど、広告が表示されなくなった。」という記事を書きましたが、その対策というか、新米ホームページ担当者が簡単にできるやり方を見つけて試したところ、無事Google AdWordsの広告を表示することができましたのでメモしておきたいと思います。

Google AdWordsの前回の失敗

前回の失敗は、Google AdWordsで広告とキーワードを登録した直後、品質スコアが悪くなり(1~3)、First Page Bidが高くなるという事態に陥り、数日で表示回数が激減してしまいました。

おもいっきりスタートから失敗してしまいました。

広告が表示されないと、クリック率云々というお話にもなりませんし、品質スコアが悪いと広告の表示機会が激減するようです。かといって入札価格を高くすればいいかというとそうでもないようです。

入札価格を高くしても、品質が悪いとやっぱりだめで、その上平均クリック単価も高くなるので予算がすぐに消化してしまいます。

そこで、色々と試してみたところ広告を表示させるやり方を見つけました。

入札単価設定に自動入札機能を使う

そのやり方は、「入札単価設定に自動入札機能を使う」ということです。
この自動入札機能を使うことにより、Google側で予算内でクリックが最大化されるように調整してくれます。

【First Page Bid を下回る】というあの嫌なオレンジのメッセージも出てきませんよ。

設定方法は簡単です。

まず、キャンペーンを選択して、「設定」のタブをクリックします。

下にスクロールをしていくと、「単価設定と予算」というところがあるので止まります。
右の方にある「編集」をクリックします。

Google Adwords_単価設定

「予算内でクリック数が最大となるよう、入札単価を自動調整する」にチェックを入れると、
「クリック単価の上限」を設定できますので、必要があれば入力してください。

Google Adwords_自動調整

良くわからなければ、とりあえずは50円とか100円位で入れておけばいいと思います。
最後に「保存」をクリックします。

設定は以上です。

これで、Google側で自動に調整してくれるので2~3日流してみてください。
この続きは、また次回に書きたいと思います。

今日はここまでです。

チャオ



シェアする

フォローする