イオンゴールドカードになると幸せになれるのか調べてみたよ。

イオンゴールドカード

イオンゴールドカードの獲得を目指しているshinmaiです。幸せになれなくてもイオニストとしてはゴールドカードがほしいのでいいんですけど、せっかくの機会なのでメリットや特典をまとめておきたいと思います。

今日はそんなお話です。

イオンゴールドカードの特典

イオンゴールドカードの特典は以下の2つ。

  • 各種保険が無料で付帯
  • 全国のイオンラウンジや羽田空港のラウンジサービスが利用できる

それぞれ見ていきましょう。

各種保険が無料で付帯

海外旅行傷害保険(最高3,000万円)※自動付帯

海外旅行中にケガや病気を被った場合に適用されます。カードご利用の有無にかかわらず、1回の旅行につき最長30日まで補償されます。自動付帯なのが大変ありがたいです。

補償内容・支払限度額は以下の通りです。

傷害による死亡・後遺障害:3,000万円
傷害による治療費用:200万円
疾病による治療費用:100万円
賠償責任: 3,000万円
携行品損害:30万円※
救援者費用:100万円

※携行品損害は、1事故につき免責金額3,000円

国内旅行傷害保険(最高3,000万円)※利用付帯

国内旅行中にケガを被った場合に適用されます。ただし、イオンゴールドカードにて、その旅行や宿泊施設の代金を支払うことが前提となります。こちらは利用付帯ですね。

補償内容・支払限度額は以下の通りです。

傷害による死亡・後遺障害:3,000万円
傷害による入院(最高180日分): 日額5,000円
傷害による通院(最高90日分): 日額3,000円

ショッピングセーフティ保険(年間300万円まで)

イオンゴールドカードで買物した商品(1品5,000円~300万円)が偶然の事故により損害を被った場合、購入日から180日間、年間300万円まで補償されます。

保険に関する補足情報

  • 家族カード会員も、同様の補償が付帯している。
  • 本人カード・家族カード会員のみのサービスとなるため。同行者は対象外となる。

全国のイオンラウンジや羽田空港のラウンジサービスが利用できる

イオンラウンジ

イオンラウンジで無料のドリンク&おかしを貰って寛いできました

イオンラウンジとはイオンモールなどにあるラウンジ(休憩所)です。無料でドリンクが飲めたり、お菓子がもらえたり、新聞や雑誌を読むことができます。

1枚のカードで3名まで同伴可能です。

イオンラウンジは株主になれば利用できるサービスなので目新しさはなんですけどね。株とかやらない人にはメリットがありますね。
イオンラウンジに行ってきたよ。無料のドリンク&おかしを貰えて快適でした

羽田空港エアポートラウンジサービス

羽田空港エアポートラウンジサービス

羽田空港にあるラウンジが無料で利用できます。

フリードリンクや新聞・雑誌なども用意されているので、出発までの時間をくつろいで過ごすことができます。同伴の人は原則有料なのが残念ですね。

羽田空港第一旅客ターミナル内

エアポートラウンジ[中央]

ビジネスコーナー2室、シャワールーム1室
座席数28席(禁煙19席、喫煙9席)

エアポートラウンジ[北]

座席数135席(禁煙84席、喫煙51席)

エアポートラウンジ[南]

座席数149席(禁煙90席、喫煙59席)

羽田空港第二旅客ターミナル内

エアポートラウンジ[南]

座席数84席(禁煙75席、喫煙9席)

エアポートラウンジ[北]

パソコンブース2室、シャワールーム2室
座席数70席(禁煙55席、喫煙15席)

エアポートラウンジ[北ピア]

座席数66席(禁煙47席、喫煙12席、バーカウンター7席)
ビジネスコーナー1室

けど、シャワールームとかあるのかー。
仕事で出張とかあれば使えるのにな~

家族旅行で一人だけは無理っしょ。

まとめ

イオンゴールドカードについて調べてみましたが、そこまで幸せにはなれなそうでしたね(笑)。ただ個人的には海外旅行傷害保険(最高3,000万円)が自動付帯なので、それだけ陸マイラーとしては十分かなと。海外旅行傷害保険はいくつあっても備えになりますからね。

今日はここまでです。

チャオ!



シェアする

フォローする