Google AdWords認定資格を受けてみた。[試験準備編]

Google AdWords認定資格を受けてみた。[試験準備編]

シェアする


随分と先延ばしにしていたGoogle AdWords認定資格に挑戦してみましたので、資格の概要や準備、勉強方法などをまとめておきたいと思います。

AdWords認定資格とは?

AdWordsの資格認定を受ければ、AdWords についての知識と経験をアピールできるようになります。つまり、みんなに自慢できるって訳です。

認定を受けると以下のようなメリットがあります。企業のホームページ担当者は、社内にAdWordsの知識をアピールできることが大きい。転職とかする時にも資格を持っておくと有利ですね。

  • 所属代理店のGoogle Partnerステータス獲得に役立つ
  • AdWordsの知識をアピールできる
  • Googleの最新のベストプラクティスを把握できる

認定を受ける方法

認定を受けるには、Google Partnersプログラムに参加し、以下の試験に合格する必要があります。最低2つの試験に合格しなければいけないということです。

  1. AdWords 基礎認定資格試験
  2. 以下の試験のうち 1 つ以上
  • 検索広告
  • ディスプレイ広告
  • モバイル広告
  • 動画広告
  • ショッピング広告

試験に向けた準備

試験勉強は親切にも、試験対策ガイドがございます。試験対策はこれでバッチリです!

  • AdWords 基礎
  • 検索広告
  • ディスプレイ広告
  • モバイル広告
  • 動画広告
  • ショッピング広告

受験料

受験料は無料!Google Partnersアカウントを持っていれば、誰でも無料で受験できます。

試験の制限時間

試験の制限時間は、以下の通りです。

AdWords 基礎 90分
検索広告 120分
ディスプレイ広告 120分
モバイル広告 90分
動画広告 90分
ショッピング広告 90分

一度試験を始めたら、途中でタイマーを止めることはできないので注意が必要です。ネット環境の良いところで受けた方が良いと思います。[AdWords 基礎]を受けた感想としては、おそらく時間は余りますね。ゆっくりやって問題ありません。

合格基準

合格基準は、以下の通りです。すべての試験で80%の正解率が求められます。

例えば、[AdWords 基礎]の設問数は65問なの52問以上正解しなければいけません。

AdWords 基礎 80%
検索広告 80%
ディスプレイ広告 80%
モバイル広告 80%
動画広告 80%
ショッピング広告 80%

再受験

残念ながら試験に合格しなかった時は、1日後から再受験が可能です。以前までは7日間は試験ができなかったので緩くなりましたね。

認定資格の維持

試験に合格しても、認定資格を維持するために更新が必要です。期間は1年間です。

結局、毎年試験を受けなければいけません。今のAdWordsの機能追加を見たら納得ですね。1年経ったら知らない機能が相当増えてますもんね。

まとめ

今回は[試験準備編]ということで、資格の概要や試験についてひと通りまとめてみました。次回は[初心者向け試験編]を書こうと思います。

本当に初心者の人だったら、この辺の本を1冊読んでおくと試験対策になるよ。

今日はここまでです。

チャオ!



シェアする

フォローする