URLパラメータの注意点

シェアする

Yahoo!プロモーション広告やメールマガジンの分析の際によく使う「パラメータURL」ですが、新米ホームページ担当は「あれ?取れてない。」とか、たまに躓くことがあります。今日は「パラメータURL」の注意点を2つほどまとめておきます。

パラメータURLとは?

WebブラウザなどがWebサーバに送信するデータをURLの末尾に特定の形式で表記したもの。Webアプリケーションなどでクライアントからサーバにパラメータを渡すのに使われる表記法で、URLの末尾に「?」マークを付け、続けて「名前=値」の形式で記述する。(IT用語辞典e-Wordsより)

ネットマーケティングでは主にメールマガジンのリンク先やYahoo!プロモーション広告など広告のリンク先にパラメータを付与することによって、アクセス解析ツールでそれぞれの流入元を特定し、分析できるようになります。

Yahoo!プロモーション広告にパラメータを付ける

注意点①URLに「?」が含まれている場合は「&」に変更する

例えば、下記のようなURLにパラメータを付けようとした場合

http://www.example.com/member/php?id=1234

正しい例:URLに「?id=1234」という「?」が含まれているので、パラメータの「?」を「&utm_source」に変更しなければいけません。

<正しい例>
http://www.example.com/member/php?id=1234&utm_source=yahoo&utm_medium=cpc&utm_campaign=ydn

もし、下記のように「?」を続けてしまうと数字が取れなくなってしまいます。

<間違い例>
http://www.example.com/member/php?id=1234?utm_source=yahoo&utm_medium=cpc&utm_campaign=ydn

注意点②ページ内リンク(#aaaaaa)に設定する場合

縦長のページなどでは、リンク先URLを通常のURLではなく、ページ内リンクに設定したい場合もあるでしょう。URLの後に(#aaaaaa)が付いているやつですね。

URLパラメータをページ内リンクに設定する場合も注意が必要です。下記のように設定しましょう。

http://www.example.com/service/?utm_source=yahoo&utm_medium=cpc&utm_campaign=ydn#aaaaaa

通常のURLにパラメータを付けて、最後にページ内リンク(#aaaaaa)を持ってきます。

まとめ

今回取り上げた2つの注意点は私も失敗した点なので、事前に知っておくと良いかもしれません。URLパラメータを設定するときに注意してくださいね。

今日はここまでです。

チャオ!



シェアする

フォローする