freetel priori2 でぷららモバイルLTEを設定してみたよ

freetel priori2 でぷららモバイルLTEの格安SIMを設定してみたよ。

freetel priori2 とぷららモバイルLTEの格安SIMの準備ができたので、ネットワーク(アクセスポイント)設定をしてみました。特に難しくはなかったですけど注意点などもろもろ。

今日はそんなお話です。

ユーザIDと本パスワードをメモ

格安SIMのネットワーク設定をして、すぐに使いたいひとは注意してください。

ぷららのホームページからぷららモバイルLTEを申し込むときに、完了ページに出てくる ユーザID と 本パスワード のスクリーンショットを撮っておきましょう。

ぷららのホームページからぷららモバイルLTEを申し込むときに、完了ページに出てくる[ユーザID]と[本パスワード]のスクリーンショットを撮っておきましょう。

この ユーザID と 本パスワード がないとネットワーク設定ができません。

申し込み完了のメールにも記載されておりません!

後日、ぷららから郵送で会員登録証が送られてきますが、2~3日後になりますので、すぐに使いたい方はイライラしてしまいます。

お気を付けください。

ぷららモバイルLTEの設定

マニュアルはぷららのホームページにあります。
http://www.plala.or.jp/support/manual/mobile/mobile_lte/

つまずくところと言えば、priori2のアクセスポイントに標準でぷららがない、というところかな。

新規でAPNを作らなければいけませんね。

新規APN(接続先)の設定(3G)

新規APNの画面を開き、以下の項目を入力していきます。

  • タイトル:任意(たとえばplalamobile)
  • APN(接続先):3g.nttplala.com
  • ユーザー名:<ぷららのユーザID>@plala.or.jp
  • パスワード:<ぷららの本パスワード>
  • 認証方式:CHAPまたはPAP

こちらは3Gです。お間違いなく!

priori2(LTE)の場合は、APN(接続先)がlte.mobac.netになります。

通信ができると下記のように、通知バーのアンテナアイコンに「H」と表示されます。

通信ができると下記のように、通知バーのアンテナアイコンに「H」と表示されます。

お疲れさまでした!設定完了です。

ちゃんと接続できるか、ブラウザを立ち上げてみましょう。

ちなみに[H]はちょっと早い3Gにつながっている時で、[3G]はちょっと遅い3Gみたいな感じだそうです。

まとめ

無事APN設定も完了しました!これでpriori2+ぷららモバイルLTEを使ってみたいと思います。ぷららは「定額無制限プラン」にしました。3日間も月間も制限なしの本当の使い放題です。これで普段使いができれば最高なんですけどねー。

#今買うならPriori3 LTEですかね。

今日はここまでです。

チャオ!



シェアする

フォローする