新型シエンタ納車されました。アルパインのナビと後席モニター(リアビジョン)もいい感じです

シェアする

新型シエンタ納車したよ。アルパインのナビと後席モニターもいい感じです

ようやく先週に新型シエンタが納車されました。7月に契約して約3ヶ月半ほど掛かったことになります。

納車待ちの間にアルパインが新型シエンタ車種専用モデルを発売してくれたおかげで、アルパインのナビと後席モニター(天井取付け型リアビジョン)も一緒に取り付けることができました。

今日はそんなお話です。

ホワイトがかわいい

わたしの契約内容はこちらの記事でも書きましたが、カラーはホワイトパールクリスタルシャインです。

新型シエンタホワイトパール

欧州車みたいで個人的に気に入ってます。

意外とかわいいと思うのはわたしだけでしょうか?

ホワイトパールクリスタルシャインは一番人気と聞いていたんですが、個人的には路上で走っているのを見ることは少なかったような気が。

地域性もあるのかな。

意外にもエアーイエローやブルーメタリックが多かった印象です。FLEX TONEはまだ見たことがありません。

そりゃ、被らない方が嬉しいですけど、これからホワイトも増えていくのかな。

ホワイトは汚れが目立ちそうだったので、コーティングもお願いしました。

納車後、ガラコは自分で塗りました。

このスプレータイプは楽ですね。

Gグレード(ガソリン)で正解

ちょっと頑張っておいて良かったです(笑)

両側スライドドアはXグレードでは付けられませんからね。

両側スライドドアはXグレードでは付けられませんからね。

内装も高級感があって、運転してても気持ちいい。

やっぱり革巻きでしょ!

やっぱり革巻きでしょ!

7人乗りで正解

2列目は7人乗りにしておいて良かったかも。

3列目は基本的には潰していますので、2列目に3人乗る機会は意外と多くありそうです。

後席モニターがあるとその頻度も上がります。

完全に運転手ですw

スマートエントリーが便利すぎる

スマートエントリーが便利すぎる

施錠も解錠もキーを取り出さないのがとっても楽です。

たまにエンジンを掛けたまま、キーを持って車を離れてしまいますが・・・(笑)

ちょっと慣れが必要ですね。

スマートエントリーパッケージはGグレードは標準装備です!

新型シエンタ車種専用カーナビ(アルパイン製)

カーナビはこんな感じです。

カーナビはこんな感じです。

7型200mmワイドです。

オープニング画面にシエンタが出てきます。

オープニング画面にシエンタが出てきます。

ナビ自体はまだあまり使っていないので操作性とかはよくわかりません。

とりあえず、シエンタでサウンドチューニングだけしました。

これは音響が全然違うよ。

後席モニター(天井取付け型リアビジョン)

後席モニターはこんな感じです。

後席モニター(天井取付け型リアビジョン)

後席モニター(天井取付け型リアビジョン)

『天井吊下げ型 リアビジョン取付けキット【KTX-Y1703VG】』で取り付けていただきました!

10.1型でも十分デカイよ!

天井取付け型リアビジョンは『10.1型WSVGA リアビジョン(HDMI接続専用モデル)【RSH10-L-S】』にしました。

プラズマクラスターも白色LEDルームランプもなしにしました。ノーマルのHDMI接続タイプです。

2列目と3列目の間にルームランプは生きてるのでこれで十分です。

HDMI接続なので映像がきれいです。

ETC車載器

ETC車載器もアルパインにしました。車種専用ビルトイン設計です。

別売のパーフェクトフィットで、純正位置に装着できます。

別売のパーフェクトフィットで、純正位置に装着できます。

パーフェクトフィットは多分これ。

自信ないので詳しくは電気屋さんにお聞きくださいね。

バックビューカメラ

バックビューカメラもアルパインです。

純正のバックビューカメラ(バックガイドモニター)はブラックしかないんですよ。

アルパインはホワイトのバックビューカメラがあるのでいいですね。

アルパインはホワイトのバックビューカメラがあるのでいいですね。

『バックビューカメラ取付けキット KTX-C17SI 』で取り付けていただきました。

バックビューカメラは超便利。

これなしではもうバックできませんよ。

まとめ

まだ納車してからそんなに走っておりませんのでざっとご報告でした。

注目のToyota Safety Sense C(衝突回避支援パッケージ)はまだ出番はありません。ない方がいいんですけどね!

スマホでの動画視聴も早速試しました(意外な結果!?)ので、また記事にできればと思っております。

今日はここまでです。

チャオ!

少しでも維持費を安くしたいという方へ

自動車保険を安くするにはインズウェブの一括見積もりサービスがおすすめです。

一括見積もりサービスはしつこい電話がくるイメージがあるのですが、自動車保険はメールとDMがメインなので安心です。




シェアする

フォローする