キッズ携帯の後はどうする?小学校高学年のスマホ選び

シェアする

キッズ携帯の後はどうする?小学校高学年のスマホ選び

長女にキッズ携帯を持たせてから3年ほど経ちます。その間次女も小学生にあがったためキッズ携帯は次女へ引き渡すことになり、長女は新たにスマホを検討しています。

キッズ携帯の後はジュニスマとかなんですかね?小学5年生なんですが、まだキッズ携帯ですか?そのあたり色々と考えてみました。

今日はそんなお話です。

わが家はスマホ派

「小学5年生でスマホは早いんじゃないの?」

「小5ならキッズ携帯は卒業して、ジュニスマでしょ!」

など意見が分かれるところでしょうか。

わが家はスマホ派ですw

おそらく中学生になればスマホは持つと思うので、小5からでもあまり変わらないだろうと安易な考えです。

長女は小3からキッズ携帯を使っていますが、次女にもう1台キッズ携帯はいらないかな。

スマホを持たせるといっても基本的には塾や友達と遊びに行くときくらいしか持たないので、実はそんなに心配していません。

ちょっとYouTubeを見過ぎるくらいなものなんで可愛いもんです。

どこのスマホにする?

スマホを持たせるとしてどこのスマホにするか考えました。

わたしはIIJのMVNOを使っているので選択肢はいくつかあります。

考えたのが以下の4つ。

・トーンモバイルのスマホ
・Y!mobile の Android One S4
・Y!mobile の iPhone SE
・IIJの追加SIM

それぞれいいところがあるんだよね。

トーンモバイルのスマホ

トーンモバイルって知ってますかね?

トーンモバイルは子供やシニアの方におすすめなTSUTAYAの格安スマホなんです。

ターゲットがピッタリ。

料金も月額1,000円〜で、アプリ制限やGPS、Webフィルタリングなど子供に安心の機能もあり。

困ったらTSUTAYA店舗でも対面サポートがあるので格安スマホデビューでも安心ですね。



真っ先に検討したのがトーンモバイルなんですが、気になった点は端末です。

トーンモバイル オリジナル機種、「TONE m17」とかですね。

防水・耐衝撃でデザインも悪くはないんですけど、一括29,800円(税抜)は高いよね。

ワンセグとかおサイフケータイって子供用のスマホにいるのかね?

30,000出せば、もっといい格安スマホ買えるし、わざわざトーンモバイルを使う意味もあるのかねって思ってしまった。

Y!mobile の Android One S4

続いて考えたのがY!mobile。

防水・防塵Android One S4 に目を付けました。

子供はスマホを落としそうだから、防水・防塵が良さそうですよね。

メーカーはやっぱり京セラ製です。

S4が5インチでスペック面もちょうど良さそう。ワンセグとかおサイフケータイはありませんw

Y!mobile の店舗で聞いたところ、2年契約で端末代は実質0円。1年目は1,980円/月、2年目は2,980円/月だそうです。

2年総額、59,520円です。2,480円/月平均。

データ量も増量で3GB、端末込みだから悪くないですね。

Y!mobile の iPhone SE

Y!mobile には iPhoneもあるんでついでにiPhone SEを聞いてみましたよ。

さすがにiPhone は高いかなと思っていましたが、32GBなら端末代は実質0円で、Android One S4と同じく
1年目は1,980円/月、2年目は2,980円/月でいけるそうですよ。

もちろんデータ量も増量で3GB。

子供用なんで32GBで十分。

防水・防塵ではありませんが、iPhone SEは4インチで子供の手でも持ちやすそうです。

そして何といってもiPhoneですから、少しリセールバリューも期待できそうですし、2年使ったらSIMロック解除して、格安SIMに乗り換えることも可能ですね。

ちょっと魅力的。

IIJの追加SIM

最後はわたしがIIJだからですがw

わたしが子供用にSIMを追加するという選択肢です。

端末は用意する必要があります。

音声SIMを追加なら1,100円/月、データSIMなら400円/月です。

データSIMでもLINEで無料通話はできるので、音声SIMでなくてもいいかもと思ったり。

このあたりは本人とは妻にも相談です。

端末もIIJではかなりバリエーションあります。

ZenFone 4 Max(19,800円)とかAQUOS sense lite SH-M05(19,800円)とかnova lite 2(21,800円)とか良さそう。

もはやキッズスマホではないですけどね(笑)

これも多いにあり。

まとめ

小学校高学年のスマホ選びはなかなか悩むところではあります。ただ調べていて色々とわかったこともあるので、そのあたりも踏まえて次回続編をお送りしたいと思います。

今日はここまでです。

チャオ!



シェアする

フォローする