陸マイラー1年目にわたしが発行したクレジットカード案件を公開

陸マイラー1年目にわたしが発行したクレジットカード案件を公開

シェアする

陸マイラー1年目にわたしが発行したクレジットカード案件を公開

飛行機に乗らずにマイルを貯める陸マイラーはポイントサイトを利用しています。ハピタスやちょびリッチが有名です。中でもクレジットカード発行はコンスタントに高額ポイントを狙える案件で人気ですね。

わたしも2017年2月から陸マイラー活動を開始して、約1年で13万マイルを貯めることができました。

そんなわたしが陸マイラー1年目に発行したクレジットカード案件をご紹介いたします。

今日はそんなお話です。

1年間で12枚のクレカを発行

わたしがポイントサイト経由で発行したクレジットカードは全部で12枚です。内1枚はデビットカードだけど混ぜちゃいますね。

発行したクレジットカードは以下の通り。

ポイントサイトクレジットカード年会費獲得ポイント
ちょびリッチエポスカード無料6500
ドットマネーヤマダLABI ANAマイレージクラブカード初年度無料13200
ドットマネーSEIBU PRINCE CLUBカードセゾン無料5640
ちょびリッチライフカード無料5300
ハピタスエムアイカード初年度無料7000
ちょびリッチ三井住友VISAカード<エブリプラス>無料9000
ハピタスセディナカードJiyu!da!無料7000
ちょびリッチUCSゴールドカード初年度無料10000
ドットマネーANA VISAカード初年度無料2550
ちょびリッチJALカード初年度無料10100
モッピーウォルマートカード無料7000
ハピタス三菱東京UFJデビットカード初年度無料4000

なかなかの素人感出てるでしょ(笑)

これでも一応、どこ得とかは使って調べてはいたんですけどね。

1年目なんてこんなもんです。

合計 87,290ポイント獲得ですので、ソラチカルートでマイルに交換すると78,561マイル獲得です。
ソラチカルート

振り返ってみると、すべてのカードが年会費無料か初年度無料でしたね。

クレカ案件は自分なりのルールを

わたしは毎月1件、クレカ案件をこなすことは決めていたんです。

けど、実際やろうと思うと迷う迷う。

  • どのカードを作るべきか?
  • どのポイントサイトが一番高いポイントか?
  • 今じゃなければもう少しポイントが高くなるんじゃないか?

などなど。

最も重要なのは獲得ポイント数ですよね?

今(12月)でこそ10,000ポイント超えの案件はたくさんありますが、年初(2月)から秋口まではなかなか高額なクレジット案件はありませんでした。

2018年はどうなるかわかりませんが、わたしのマイルールとしては作りたいカードで7,000ポイントを超えていたらGOとルールを決めていました。

もたもたしていると月1ペースで発行できませんし、無駄な時間を使うだけです。

ポイントサイトもほぼハピタスとちょびリッチと決めていました。

クレカ案件はやっぱりちょびリッチが強いような気がしますね。

セゾンカードがおすすめ!

色々な会社のクレジットカードがありますが、最初はセゾン系のクレジットカードがおすすめです。

その理由は、ポイントの付与が早いから。

クレジットカード会社によってはポイント付与まで時間がめちゃくちゃかかりますので、最初はホントにポイントが付くのか不安になるんですよね。

それもあって比較的ポイント付与の早いセゾン系がおすすめ。

わたしも、ヤマダLABI ANAマイレージクラブカードとSEIBU PRINCE CLUBカードセゾンはセゾン系です。

他によく出てくる案件はMUJIカード、MileagePlusセゾンカード、三井ショッピングカード、PARCOカードとかいいですね。

わたしはすでに所有していたり、タイミング合わずで作れなくて残念。

エポスカードはどこかで作っておきたい

陸マイラーならエポスカードは必ず作っておきたいクレジットカードです。

わたしは6,500ポイントで最初に作りました。

エポスカードは何と言っても年会費無料カードなのに海外旅行傷害保険が自動付帯で、しかも保険内容が充実しているんですよね。

おそらく陸マイラーはほとんど持っているはず。

▼エポスカードの補償内容はこちら

エポスカードの補償内容

海外旅行傷害保険で重要なのは実は治療費用で、エポスカードはゴールドカード並に治療費用が充実。しかも自動付帯なのでカードを使わなくても適用されます。

マルイで買物する人はショッピングでもメリットありますよ。

ポイント対象条件はよく確認しよう

当たり前ですけど、クレジットカード案件は1回しかできませんから、ポイント対象条件はしっかり確認して取りこぼしのないようにしましょうね。

新規カード発行だけというのは少数で、カード発行月の翌月末までのショッピング利用やキャッシング利用可能枠設定とか、カードブランドの指定とかですね。

取りこぼしたときのショックはでかいから気をつけてください。

ポイント対象条件ではないですが、ちなみにわたしは「三井住友VISAカード<エブリプラス>」で失敗しました。

ちょびリッチだったんですが、うまくcookieが付与されなかったようです。

期日を過ぎても予定明細に出てこないんで、ちょびリッチに問い合わせをしましたが対応は遅いです。

調査も数ヶ月後とかでもう連絡もないので諦めました。

その点ではハピタスの方が安心のような気もしますが、たまにちょびリッチで高額案件が出るんでね。

なかなか難しいところですね。

まぁ自宅のPCで変な寄り道せずに申し込みすれば大丈夫ですけどね。

まとめ

わたしはすでにクレジットカードを持っていたので、楽天カードとかYahoo!カードとか作れなかったのはちょっと痛かったですが、それでも毎月1件こなして7万マイルくらいは貯まったのでよかったです。

あと注意点としては発行したカードはしっかり管理するということが大事です。初年度無料のカードは使わないならしっかり解約して、あと出来るだけ少額でもカードを利用したほうがクレヒスが上がるのでいいみたいですよ。

ということで、今日のエントリーを終わりたいと思います。

チャオ!



シェアする

フォローする